歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑の中で

<<   作成日時 : 2016/07/08 23:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

7月7日甲州市勝沼では、38.8度を記録、全国一の暑さとなった。我が家の庭は39.2度になった。朝の涼しいうちに花木の水やりを済ませたら、もうあとは何も出来ず、身の置き所もない有様で、窓という窓を開け放って頑張っていたが、午後は耐え切れずエアコンのお世話になってぼーっとテレビを見て過ごしていたが、画面に映った七夕の竹飾りに遠い子供の頃の記憶が走馬灯のように蘇った。夏の記憶は人それぞれに違うものであろうが、私の場合、終戦まえの三年間、この地に疎開して体験した様々な思い出は、生涯の宝物になった。当時、村は笛吹川の谷に沿って農家がへばりついて生活を営む寒村であった。農家の暮らしは養蚕と炭焼きなどで生計が立てられていた。母と私たち5人兄弟はそのような貧しい農家にあずけられ、幼いながら縄をない、わらじ作りなど様々な家業の手伝いをしたが、全てが初めての体験は辛いものではなく、むしろ楽しく、喜々として過ごしたことを思い出す。笛吹川は魚や動物たちの宝庫で、ヤマメを岩かげに追い込んで手掴みで捉えたり、蛙、山椒魚など、また蛇なども囲炉裏で焼きよく食べた。クワの実やトマト、キュウリなど畑の作物はすべておやつ代わり、誰からもしかられることはなかった。全ては小学校のいたずら仲間の手ほどきの楽しい遊びであったが、最も印象に残るのは夏休みの川遊びで、近くの発電所のダムサイトから川に飛び込み、川底の大きな石を抱いて何歩歩けるか、上から仲間が見つめて競い合う、怖さと楽しさを体験する遊びであった。このお陰で私は川での泳ぎに上達し急な流れに逆らって泳ぐ楽しさも満喫した。さらに、不思議に思えるのは、学校や家での学習については全く記憶にないことだ。おそらく、この3年間は遊び呆けていたのだろう。終戦を迎え5年生で東京に戻ったが、その後の勉強の記憶すらない。こんなターザン映画そのものといった幼少の体験はやや特殊なもので、現在の子供たちにも、親たちにも想像出来ないに違いないが、私にとって貴重な幼年期の思い出である。

画像

<ペンペン草がお出でおいでをしている>


画像

<公園の噴水が涼を奏でる>


画像

<暑さのなかで健気だなぁ>


画像

<農家がくれたナス>


画像

<カラスアゲハ、最近あまりお目にかからない>



画像

<もっと早く歩けないの!>



画像

<暑いよね>


画像

<こもれびとか逃げ水とか、やっぱり夏だ>


画像

<キャンプ、友達との夏の思い出>


画像

<白樺の林はロマンティック>


画像

<雨、たまにはいいね>


画像

<夕立、夏だ!>


画像

<田んぼ、稲が涼しげ>


画像

<雨の波紋>


画像

<滝つぼに落ちそうになった>


画像

<若葉と白い流れが爽快>


画像

<水源林の堰>


画像

<積乱雲>


画像

<航跡のフォルム>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猛暑の中で 歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる