アクセスカウンタ

<<  2016年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
歳時記
歳時記 梅雨が明けて、これから夏本番ということだが、当地はこれまで猛暑の日に幾度も見舞われて耐えてきたのに、この暑さがまだ続くとなるとゾッとする。もう何かを為すアクティブな気持ちが萎えて、エアコンの世話になりながら家の中でごろごろしているほかはない。だが、農家の人たちの暮らしは、暑さ寒さを言い訳に出来ない厳しいものだと思う。自然をうけいれ、かつ戦いつつ作物への手間と愛情を注ぐ姿に感動を覚える。今、ふるさとは多忙な農作業の真っただ中にある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 15:51
高原の夏
高原の夏 過日、東京練馬区の山好きのお仲間25人が乙女高原を訪れるので、ファンクラブに案内の依頼があった。代表の植原先生が案内役を務めるというので、見習い助手で参加させていただいた。私も案内人のメンバーに名を連ねているが、これまでこうした役目をしたことがなかったので興味津々、勉強をさせてもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/26 12:08
乙女高原花の季節はじまる
乙女高原花の季節はじまる 一週間前、まだ梅雨は明けていないが、乙女高原をひと巡りした。いよいよ高原の花の季節が始まる。すでに咲いているものもいくつかあるが、スタートダッシュ前の緊張感のような雰囲気に包まれて花の蕾が開きかけている。気象変動の影響で年々花の咲く時期が早まっているようだ。また、嬉しいことに昨年末に設置された鹿柵のおかげで花の数も多くなっているようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 11:04
猛暑の中で
猛暑の中で 7月7日甲州市勝沼では、38.8度を記録、全国一の暑さとなった。我が家の庭は39.2度になった。朝の涼しいうちに花木の水やりを済ませたら、もうあとは何も出来ず、身の置き所もない有様で、窓という窓を開け放って頑張っていたが、午後は耐え切れずエアコンのお世話になってぼーっとテレビを見て過ごしていたが、画面に映った七夕の竹飾りに遠い子供の頃の記憶が走馬灯のように蘇った。夏の記憶は人それぞれに違うものであろうが、私の場合、終戦まえの三年間、この地に疎開して体験した様々な思い出は、生涯の宝物になった。当時... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/08 23:10
高原の花たち
高原の花たち 半夏生の頃に蛸を食う習わしがあって、我が家の食卓にも蛸が並んだ。居間での食事をしながら庭に目をやると、赤いサルビアとその奥に人の顔ほどもあるアジサイの純白なアナベルが、真夏を思わせる強い陽射しに輝いている。 梅雨時のアジサイと夏のサルビアが共に競って咲くこの季節感をどう表現したらいいのだろう。 標高の高い乙女高原ではまだ初夏の涼しい風が吹いているが、夏の花たちが咲きだした。私がここに足を運び始めた頃は7月ともなればたくさんの花が高原を覆うように咲き乱れ、秘密の花園といった風情に心を打たれたが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/01 19:27

<<  2016年7月のブログ記事  >> 

トップへ

歳時記 2016年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる