クレマチス

毎年同じ時期に同じ花が咲く庭であるが、すこしずつ株が大きく育って、花の数が増えるのが嬉しい。可愛がって世話をしてやれば、それなりに応えてくれる花たちから教えられることは多い。我が家の庭はチューリップが終わり、今はクレマチスが主役で、八重の変種がどれも旺盛にたくさんの花をつけている。クレマチスは品種も多く、花形、花色が豊富で購入の時にどんな品種にするか迷うことが多く、つい珍しものに目がいって、変わり者ばかりを増やす結果となった。冬咲き種を含めて20株ほどになっている。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


クレマチスはアネモネ、フクジュソウ、ユキワリソウなどの仲間で、キンポウゲ科の宿根草である。原種は300種ともいわれ、主として北半球に分布し、中でも中国から朝鮮半島、日本といったユーラシア大陸に最もたくさんの自生種が見られる。日本に自生するものには、センニンソウ、カザグルマ、ハンショウズル、ボタンズル、クサボタンなどがあげられる。原種は清楚で素朴な風情が私好みだがなかなか手に入れにくい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック