テーマ:リンドウ

高原の秋(2›

10月中地元のアーティストたちの合同作品展に参加、続いて11月からの個展を控え多忙な日々が続いている。時間を作ってやっと乙女高原を訪ねた。標高1700メートルの高原はすでに晩秋の景色に変わって、花たちは冬支度の風情であった。高原を覆うススキの中のそこここにリンドウの花が今が俺たちの天下と言わんばかりに咲き誇っていた。 木や花に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

高原花逍遥

乙女高原の8月は最も花の多い時期なのに、花たちはどこへいってしまったのか。.天候不順に加え、鹿の食害が高原の花たちを絶滅の危機に追い込んでいるという調査結果を聞いた。10年ほど前には一面に咲き乱れるお花畑を愛でながら歩いた。文字どうりの花逍遥を楽しむことができたのに、今は花を見つけるのが一苦労という状況になっている。秋になってススキばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女高原

連日の猛暑に居たたまれず涼をもとめて乙女高原へ出かけた。標高1700mの高原の入り口に立つとさすがに涼しい。カメラを携え遊歩道を登る。途中、マルバダケブキの群落があって、ちょうど今が花の盛りでその黄色が白樺によく映えていた。     高原は晩夏を越してすでに秋の気配が漂う。下草に隠れてオミナエシやタムラソウがひっそり花を付けていた。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more