テーマ:アズマヒガン

桜の国で

桜前線は北国のどのあたりだろう。仕事にも、遊びにも、歌舞音曲、詩歌、文学にまで、桜は人の心に入り込み喜怒哀楽の象徴となってきた。さすがに国の花だなぁと思う。また、陰で支える桜守や桜の育種に命をかける園丁たちの物語は壮大な男のロマンに満ちている。話が長くなるので、ここでは紹介できないが、たとえば、大阪の大地主の二男に生まれ、東大法科を卒業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more