テーマ:ツユクサ

晩夏

あいかわらず、きびしい残暑が続いている。夏と秋の狭間にあたるこの時期を晩夏とでも呼ぶのだろうか。立秋はとうに過ぎている。陰暦の24節季を現在の気候に当てはめるのは、当然ながら無理な話であるが、「小寒」から「立春」「立夏」を経て「立冬」「冬至」に至るまで、四季をそれぞれ六つに細かく割って、季節感を巧みなニュアンスで表現したこれらの言葉を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の秋

今朝、久しぶりに富士の姿が見えた。雪のない山は青黒くシルエットのように眼の前に在った。たぶん、この時期にしては水蒸気が少なく空気が澄んでいるためであろう。今朝は、ひんやりとした空気が肌を撫でる。風が運んでくる秋の気配に暑かった夏を見送る気分になった。 <行き逢いの空> <山梨ハーブ庭園にて> 庭の植物たちは連日の猛暑で葉焼けを起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の秋

湿度も低く爽やかで過ごしやすい日が続く。早起きして小さな秋を探しに散歩に出かけた。 いつもの散歩道は川霧が立ち秋の風情が濃くなってきた。 近くには田園風景が広がる。黄金色のじゅうたん、むかしはこの上を赤とんぼが青空を覆うほど飛んでいて、モチ竿を一振りしたら一度に5匹や10匹くらいは捕れたものだが、今はそんな景色にお目にかかれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more