テーマ:高原

高原に秋が来た(1)

猛暑の夏もやっと終息、空の雲はまだ秋に代わってはいないが,我が家の周辺にも虫の声が聞こえる。久しぶりに乙女の秋を歩いた。年々ススキが増えて花が隠れるようにひっそりと咲いている。 木々の葉も色ずき始めた まむし草の実 ヤマハハコ マルバダケブキ ハギ ハバヤマボクチ 何だっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

避暑

 言うまいと思うが「暑いなぁ~」とつい口からでてしまう。言ったから涼しくなるものでもないのだがこの猛暑には辟易です。エアコンを入れて部屋に閉じこもっているのは我慢ならない性分なのでエコ対策を兼ねて図書館や美術館などに涼みに行ったりしています。今日は車で小一時間登った標高1700メートルの乙女高原へ花の観察を兼ねて涼みに出かけました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

乙女高原

連日の猛暑に居たたまれず涼をもとめて乙女高原へ出かけた。標高1700mの高原の入り口に立つとさすがに涼しい。カメラを携え遊歩道を登る。途中、マルバダケブキの群落があって、ちょうど今が花の盛りでその黄色が白樺によく映えていた。     高原は晩夏を越してすでに秋の気配が漂う。下草に隠れてオミナエシやタムラソウがひっそり花を付けていた。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

<乙女高原の花たち>

ぶどうの<巨峰>で有名な山梨市牧丘町は私の生まれ故郷である。乙女高原は町の北西部に広がる草原で、標高は1700m、サクラスミレやレンゲツツジなど100種類を越える亜高山帯の植物の宝庫と言われている。私はこの故郷の高原が自慢で、自分の庭のように大切な宝物と思っているので、今日はその乙女の花たちを紹介したい。 高原の夏は短く、8月も半ばを過…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more