歳時記

アクセスカウンタ

zoom RSS ワインの仕込み始まる

<<   作成日時 : 2016/09/11 09:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 2

当地、山梨県の勝沼や牧丘地区は今、食用やワイン用のブドウの収穫が最盛期を迎えている。大手のワイナリーの他、家族で生産している小規模のワイナリーも多数あって、いかにも甲州ワインの生産地らしい季節の風物詩である。
拙宅の近所にある小さなワイナリーでワイン作りを見せてもらった。機械化された大手のワイナリーと違い、家族の手作り作業で出来あがるワインにはボトル一本一本に深い愛情が込められているようにお見受けした。ワインという言葉にはややハイカラなイメージが付きまとうが、その作業工程をみれば、大部分が農作業であって、一般の農家と少しも変わらない力仕事であるが、畑の土壌や日照によって同じ銘柄でも味に微妙な差がでるという話を聞いた。ブドウには糖分が多く含まれているので、麹や酵母などの力で作る他の酒類と違い、そのままで発酵しワインが出来あがる。
とにかく、一年中気の抜けない大変な作業である。
私は、当地へ転居し、こうした年中絶え間なく努力を惜しまない農家の人々に深い尊敬の念を持つようになった。

画像

<大手ワイナリーのブドウ畑、ワイン用のぶどう畑も垣根仕様と棚仕様の両方ある」>

画像

<収穫時は忙しい、県外のボランティアの手を借りて一気に摘み取る>

画像

<赤ワイン用のメルロー種>

画像

<甲州種のブドウ、白ワインの名産品種で、評価が高い>

画像

<種名盤>

画像

<収穫されたブドウ>

画像

<房から粒を摘み取る作業>

画像

<発酵タンク>

画像

<発酵中のタンクの中>

画像

<赤ワインは皮ごと発酵させてから搾る>

画像

<酸度検査>

画像

<ボトリング>

画像

<セラーの中は新旧様々なワインが並んでいる、ラベルを眺めるのも楽しい。お客さんもここでテイスティングして品を選ぶ>

ふるさとの丘は、これから晩秋を迎えブドウ畑は紅葉に色着いて青い空と美しいコントラストを見せてくれる。気象の異変が各地で被害をもたらしている。どうか例年のように気持ち良い晩秋の日々が過ごせますように、、、

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こじんまり、したワイナリーの様ですね、写真を拝見して、ご家族で一生懸命造っているワインの、香り・味・を五感で楽しみたく成りました。
醸造元が知りたいです。
醸造酒大好き爺
2016/09/17 12:59
コメント有難うございます。このワイナリーは山梨市牧丘町にある三養酒造というメーカーです。作業は殆ど親子二人でやっています。息子が若社長の山田さん。フランスで修業をした人だそうです。
古屋です
2016/09/19 19:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワインの仕込み始まる 歳時記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる