夏は夜、、、

清少納言の夏の夜は自然観賞の叙事詩だが、>私のほうは人ガ繋がり、心を開くパワー全開の夏の夜だ。

画像

<最近では、神輿の担ぎ手をよそから呼ぶという話も聞くが、やはり街を愛する地域の人たちが心を一つにして楽しむ光景に感動がある。祭りの大小に関係はない。>

画像

<おんな踊りの優美さ、色気もあっていいね!>

画像

<いつもはひっそりとしている街角に人が溢れる。みんな祭りが好きなんだ>

画像

<雷雨に見舞われた花火大会、傘も役立たず、カメラもレンズもずぶ濡れになった。事前にいい写真を撮る秘策を練っていたのに残念!>

画像

<いつも思う、日本の伝統美の極め付きだ。筋書きを読みながら眺める表現の形式美にしびれる>


画像

<満月を燃やすような夏の夕焼け>

我が家の庭も、愛する小宇宙であるが、この季節、日本の夏を訪ね歩いてみたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック