チューリップの庭

チューリップが満開になった。庭のあちこちで様々な品種の花が彩りを競っている。庭の景色としては「年々歳々花相似たり」と言うところだが、今年は植える場所を変えて例年と違った景色を楽しんでみようと考えた。チューリップは派手な花で、花壇として庭で育てると恥ずかしいくらい強烈な存在感を放つので、垣根や木の根元、他の草花の茂みにナチュラルな感じで咲かせたら抵抗なく眺められると思ったからである。結果はほぼ思いどおりになって満足している。
私は毎年秋、園芸店で売れ残りの廉価な球根を100個くらい購入して植え付ける。球根には品種名が印刷された帯が巻かれているが、それがどんな花なのか咲いてみなければわからない。それが楽しみでもあるし、また発芽しないものや貧弱な花であったりもする。
その年の気温や日照、降水など、いろいろな環境に適応して花たちは咲く。一口にチューリップの庭と言っても自然はいつも同じとはかぎらない。「一期一会」という言葉をかみしめている。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



画像


画像



画像


画像


画像

<原種のチューリップ>背丈が低く小花でかわいい、来年はこれをたくさん植えてみたい

これからは鉢植えの一年草、二年草の花柄摘みや雑草とりで忙しい。楽しみはバラだ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2015年04月22日 19:40
春爛漫
色とりどりのチューリップさんたちの
元気な歌声が・・・聞こえて来ます

この記事へのトラックバック